// FontAwesome読み込み

CBDラボ OFFICIAL SITE

2020/03/20 14:30

こんにちは、CBDラボのYURIです。

今回は当店でじみーに人気のフレーバー「フレーバーレス」について書いてみようと思います。

女の子感覚だとマンゴーとかストロベリーが人気なのかな?と思っていましたが、意外と売れている理由をご紹介しますね。

味がない・・・それがフレーバーレス


フレーバーレスを英語で書くとFLAVORに味がないことを意味するLESSを足して「FLAVORLESS」。

つまり、味がありません(汗)

ある意味、斬新というか最初は何故つくったんだろう?って思ってました。

VAPEのリキッドでも味がないものってあまりありませんからね、結構珍しいフレーバーなんです。

味がないから良いらしい


味がないということはクセが一切ないんです、ですので、甘いのが嫌い、味付きは嫌いという人に人気。

味がないから飽きない、とも聞いたこともあります。

つまり、味がないからこそのメリットがあるんですねー。

誰でも吸いやすいので、個人の好き嫌いとは無縁のフレーバーということです。

味がないから混ぜられる


ちょっと上級者的な使い方になりますが、フレーバーレスを使われる方の半分以上は、手持ちの通常のリキッドと混ぜて使う人が多いです。

味付きだと同系統しか混ぜられませんが、フレーバーレスならどんなリキッドでも問題ありませんからね。

CBDは正直高価なものなので、自分の好きな味のリキッドと混ぜることで、含有率は薄まりますが容量も増えるので長く使えるんだとか。

なるほど、皆さん良く考えてらっしゃいます。

吸ってよし、混ぜてよし


あまり需要がなさそうな気もしていましたが、実は人気のフレーバーレス。

カンナプレッソはフルーツ系のフレーバーをオススメしてますが、好みのフレーバーがなかったらフレーバーレスで自作してみてはいかがですか?

リキッド自体の量も増えますので、節約にもなり一石二鳥ですよ。

CBDラボでは1%から3%、5%、10%と濃度別に揃えておりますので、CBDリキッドのDIY、是非お試しください!